CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORIES
@TESUGIMOTO
PROFILE
French Restrant
TETSUYA SUGIMOTO

〒420-0038
静岡県静岡市
葵区梅屋町2-13-1F
TEL 054-251-3051
アクセス

entranse

<< 入荷です。 | main | 号外。 >>
ファイナル…




錦織選手、お疲れ様でした。

ご覧の方も多いと思いますけど。

1stセット、錦織、チリッチ共に
硬くなってましたね。
チリッチは、ファーストサーブが
入らなかったので、セカンドサーブで
錦織のチャンスはあったのですが
なかなかうまくいかず、

チリッチは、セカンドサーブになっても
怖くなくなり、ファーストサーブの
確率、強さが上がっていってしまいました

まるで、コーチのイワニセビッチを
思い出すような、サービスエースの
連続でした。
結局、17本も叩き込まれてしまいました

錦織は、スピードではなく、チリッチの
サーブは打ちにくそうで、ストロークも
読みづらい感じでしたので、調子も
あったと思いますが、相性の悪さ、
やりにくさが、ちょっと見えましたね。

とにかく、あれだけのプレーを
チリッチにされては、仕方がないですね
やっぱり、立ち上がりでしたね。

今回の錦織選手の成績は素晴らしい
ですし、なんか急にテニスへの注目が
集まっています。

これが安定した人気につながれは…
と、思ったりもしますが、
はっきり言って、今回の活躍は奇跡的
でもあります。

BIG4と言われる人達に追いつくには
年間通しての活躍が必要で
グランドスラムでも、常に優勝が
狙える試合をして、勝ち残る事が大事です

それには怪我との戦いと、
今日の試合のように本調子でない時の
戦い方を身につけないといけないですね

錦織選手は、これからが、今まで以上の
苦しみとの戦いです。

なので、この騒ぎも一過性のものではなく
テニスを、もっとしっかり応援して欲しい
ですね。
次のグランドスラムのオーストラリアン
オープンで、また、ファイナルへ。
なんて騒がないで欲しいです。


そうそう、優勝した、チリッチです。

覚醒しましたね。
まぁ、早くから、デルポトロと一緒に
注目されていましたし。

ここ数年、怪我やドーピングなどで
低迷していましたけど。
やっと、第一歩を踏み出した。
って所でしょうか。

チリッチが、BIG4に割って入るか
どうかは、ん〜
としか言えないですね。
なんかビックサーバーな感じが抜けない
ので…

でも、芯が入ったら、すごいプレーヤー
になるでしょうね。

しかし今年は、USオープンでチリッチ。
オーストラリアンオープンでワウリンカが
優勝しました。

いよいよ世代交代の序章が始まった
のかもしれません。

でも、ジョコビッチ、ナダルの壁を
どこまで崩せるかですね。

| シェフのつぶやき | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック