CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
@TESUGIMOTO
PROFILE
French Restrant
TETSUYA SUGIMOTO

〒420-0038
静岡県静岡市
葵区梅屋町2-13-1F
TEL 054-251-3051
アクセス

entranse

<< 北陸新幹線。 | main | 岡部のたけのこ。 >>
マタッサ。




久しぶりにワインの話を。








2009 vdp Cotes Catalans(Matassa)

コート カタラン です。

マタッサはトム ルップ、ナタリーゴビー
サム ハロップの3人で始めた
ドメーヌです。

サム ハロップは、世界最年少で
マスターオブワインに合格したそうで
トム ルップは、ドメーヌゴビーの
醸造責任者をしていました。
ナタリー ゴビーは、ゴビーの妹で
トム ルップの奥様です。

栽培は、ビオディナミで耕作にはロバを
使い、自然発酵で醸造しています。

南フランスのワインというと濃厚なものが、最近多いし、今だに樽香のしっかり
したワインが人気があったりしますけど

マタッサは、自然な味わいでエレガントな
ワインです。

セパージュは、カリニャン100%です。

南フランスは、気温が高くなるので
ブドウが完熟しやすいです。
完熟すると濃いニュアンスになるので
マタッサは、酸が残ったブドウを収穫
しているそうです。

ワインに酸があるので、亜硫酸添加は
少量で済みますし、熟成にも耐えられる
ワインなのかな…
と、思います。

ワインは、AOCではなく、
ヴァン ド ペイです。
理由は、場所として、カタルーニャ文化
の所なので、フランスのアペラシオンは
いらない事と、

ルーションのAOCには、レベルの低い
ものが多い。
あと、ルーションのヴァン ド ペイは
質の良いものが多い。
からだそうです。

ちなみに、上の赤いロゴがありますけど
これは、3人で作ったドメーヌという意味
と、3つの木の、森という漢字から
デザインされています。

クロマタッサの畑が、森に囲まれていて
マタッサとは、カタルーニャ語で
森だそうです。


これから、注目のドメーヌですね。





| シェフのつぶやき | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sugimoto.cc/trackback/1286927
トラックバック