CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
@TESUGIMOTO
PROFILE
French Restrant
TETSUYA SUGIMOTO

〒420-0038
静岡県静岡市
葵区梅屋町2-13-1F
TEL 054-251-3051
アクセス

entranse

<< 由比の魚。 | main | 流れ… >>
花見…



4月ですね。
桜が満開です。

みなさん、花見しました?

桜って、本当に綺麗に咲き乱れているのは
3〜4日ぐらいでしょうか?
で、何故か、そのうち雨やら風やらで
散っていきます。


「花は桜木、人は武士」

と、かつて武士は、桜を尊しんだ
ようですし、散り際の潔さや美しさが
武士の道にあっていたようですね。

今の花見は、江戸時代からなのかな…
と、思います。

落語などでも
「長屋の花見」「百年目」
「花見の仇討ち」などを聞くと
その情景が浮かびます。

かつては、花見は3つあって
「梅見」「桜見」「桃見」
で、春を実感したようです。

田舎では、山に花が咲く事は
農作業の始まりを意味します。
酒肴を持って山に登り
豊作を山の神に願ったそうです。

そして、桜の枝を持ち帰り、
家の庭口や一番田の水口に立て
山の神を田の神として、
里に来てもらったと聞いた事があります

自然に神を感じ、その自然と共に生きる
という感性が日本人にはあり、

散りゆく桜に、花のはかなさと
散り際の美しさを人生に例えて
いるのかもしれませんね。





おまけ。







Savennieres Roche aux Moines 1999
(DM aux Moines)

Savennieres Clos de la Coulee de Serrant 1986
(Coulee de Serrant)

おなじみ、サヴニエールを代表する
畑です。

ニコラ ジョリー、さすがですね…


| シェフのつぶやき | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sugimoto.cc/trackback/1286932
トラックバック