CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
@TESUGIMOTO
PROFILE
French Restrant
TETSUYA SUGIMOTO

〒420-0038
静岡県静岡市
葵区梅屋町2-13-1F
TEL 054-251-3051
アクセス

entranse

<< ワラサ。 | main | 尾形光琳… >>
渡邊さんの野菜。




今日は、富士宮の渡邊さんの野菜を。







ほうれん草です。
赤軸ですね。

ほうれん草と言ったら、ポパイ
ですよね。

ん、違いますか?

あの、ほうれん草の缶詰には
すごいものが入ってるんだろうな…
なんて思ったりしてましたけど。








水菜です。
紫の品種ですね。

水菜は、もともと京菜で、
ハリハリ鍋には欠かせないですもんね
あの、パリパリっていう食感が
いいですよね。

ちなみに、この紫色は、アントシアニン
なので、水溶性です。









ルッコラです。

いまでは、すっかりおなじみな野菜
ですよね。
でも、かつては、ルッコラを見ると
おぉ〜
って思ってました。







マスタードリーフです。
この、縮れる品種は、ドレッシングに
よく絡むので、サラダに入っていると
美味しさを演出してくれます。









小松菜です。
江戸野菜ですね。

初春に出てくる、うぐいす菜も
同じ系統です。
綱吉?吉宗?に献上して、小松菜と
命名されたと聞きました。







で、これが菜の花です。










これも菜の花ですが、これは
白菜の菜の花です。








これは、キャベツの菜の花です。










これは、プチヴェールの菜の花です。
キャベツと似てますね。








カブの菜の花です。

菜の花の季節です。
それぞれ、味わいや、香りが違って
楽しいですよ。








リーフレタスです。
葉物が、いろいろ出てきました。









間引き人参です。

今では、こういう間引きの人参は
当たり前に見ますけど、ちょっと前
までは、珍しかったですよね。









カブです。
とっても、みるくて、おいしいですよ。








木の芽です。

この時期、たけのこに、木の芽って
幸せを感じる組み合わせですよね。









わらびです。
こういうのも入れてくれるのが
うれしいです。
野草も入れてくれますし。







アマランサスです。

そう、あの雑穀の。


春の野菜は、みなぎるような元気を
くれますよね。

人間も、体が動き始める時期ですので
是非、生命力溢れる、春の野菜を
たくさん召し上がって下さいませ。














| シェフのつぶやき | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sugimoto.cc/trackback/1286939
トラックバック