CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
@TESUGIMOTO
PROFILE
French Restrant
TETSUYA SUGIMOTO

〒420-0038
静岡県静岡市
葵区梅屋町2-13-1F
TEL 054-251-3051
アクセス

entranse

<< 渡邊さんの野菜。 | main | タルデュ ローラン… >>
尾形光琳…




今年は、尾形光琳の没後300年
なんだそうですね。

な〜んて言っても、あんまり詳しく
ないんですよね。

でも、MOA美術館で何度か見た
紅白梅図屏風は、好きですね。

左の古い白梅、右の若い紅梅、
そして、その間に流れる川は、
時の流れを表しているそうです。

左の老木が、鋭く枝が曲がって
いるのですが、
右の若木は、反り返るような曲線です。

何かを訴えかけている感じと、
何故か、頭を下げて礼を言って
しまいます。

私にとって、梅といったらこれですし
なんか人生といったら、この屏風
だったりします。

でも、前に聞いたんですが、
この屏風、真ん中の川は女性の体
なんだよと、聞いた事があります。

そう言われると、そう見えます。
そして、左が尾形光琳で、
右が、光琳のパトロンの中村内蔵助
との事。

なので、梅の枝が、川の曲線に
近いんだよ。
と。

おっと、若干、下ネタっぽくなって
ますね。
失礼しました。

ても、本当かどうかわかりませんけど
いろんな見方があるんだな…

と、思ったりしたのを思い出しました。


| シェフのつぶやき | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sugimoto.cc/trackback/1286940
トラックバック