CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
@TESUGIMOTO
PROFILE
French Restrant
TETSUYA SUGIMOTO

〒420-0038
静岡県静岡市
葵区梅屋町2-13-1F
TEL 054-251-3051
アクセス

entranse

<< 種苗の事… | main | 立春。 >>
人参と銭湯と私。








富士宮の渡邊さんから届いた人参です。

立派ですね。

これね、渡邊さんが、ムースに
どうですか?
って言ってると思うんですよね。

と、いう私の勝手な妄想でムースを
作りました。

妄想をよくしていて思うのですが、

妄想は、もうよそう…

(………)


あれ、スベってます?

文字にすると、イマイチですね…
(言い訳)

では、お詫びに、人参のムースの
お話を少し。

過去何度も書いてますけど
興味のある方は、お付き合い下さい。

人参は縦に切り、芯の所を取ります。
芯の所を入れると味がぼやけるので
取ります。
でも、捨てずに、フォンをとるときに
入れたりします。

切り揃えて、ブールでスウェします。
人参のβカロチンは油脂と相性が
いいですからね。

ゆっくり、ゆっくりとやると
我慢していた人参の角がとれてきます

銭湯でサウナに入ってると、
我慢、我慢の後、気持ちがほぐれて
くる時の様な感じです。
ここで急ぐと、味が出ません。

そして、ゆっくり、ゆっくりと
やさしく、やさしく加熱して
人参が気持ちよさそうになった時に

ザーッと水を入れます。

サウナから出て、水風呂にドシャー
っと入る時の感じです。

そして煮込みます。
コトコト、コトコト、ゆっくり、ゆっくり
いい湯加減のお風呂に入っている
感じでです。

すると、煮汁が無くなってきます。
そこに今度は牛乳を入れます。

銭湯で、お風呂から出て、牛乳を
飲みたくなりますよね。
そんな感じです。

仁王立ちで、手を腰にあてて、
ぐいっと飲む時の様に。
横でタオルを股間に、ピシャ!ピシャ!
と、あてている、おやじさんがいても
気にしてはいけません。

あとは、ミキサーでピュレにします。

これがベースで、ここから
クレームシャンテと合わせて
ムースにしますが、
その他にもいろいろと
展開できます。

人参のムースは、銭湯に行った時の
気持ちで作るんですよ。




おまけ。







からりんこ稼働中。



余談。

ア・フィルム・アバウトコーヒーが公開
になりました。
まぁ静岡での上映はなさそうですけど…



今日はもう一丁おまけ。






富士ミネラルのスパークリングです。

軟水のスパークリングで、炭酸も
やわらかいので、料理と合わせやすい
ですね。

富士山からの恵みと合わせると
心も和みますね。




| シェフのつぶやき | 14:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
思い出します。杉本シェフの人参のムース。何度も頂きましたが、絶品でした。
| utopos | 2015/12/28 12:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sugimoto.cc/trackback/1286958
トラックバック