CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
@TESUGIMOTO
PROFILE
French Restrant
TETSUYA SUGIMOTO

〒420-0038
静岡県静岡市
葵区梅屋町2-13-1F
TEL 054-251-3051
アクセス

entranse

<< ローランギャロス… | main | 磐田へ… >>
フィボナッチ数列。




少し前に、料理の盛り付けの話に
なって、知っていると役に立つん
じゃない?
というものがあります。

フィボナッチ数列。

1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.89.144.....

美しいですね。
違和感ないですよね。

ダヴィンチコードでも出ていたので
ご存知の方も多いと思います。

これは前の2つの数字を足したものが
次の数字になっています。
数の比率が1.618です。

この1.618は黄金比と言われていて
自然界では、ごくごく当たり前の現象
です。
例えば、松ぼっくりの笠は
右回りに8つ左回りに5つだったり
右回りに5つ左回りに3つだったりします

ひまわりの真ん中の種も、螺旋状に
25ケ34ケ55ケ…
と、なっています。
植物は、花の数もそうですし、葉っぱの
出かたもそうです。
枝の生え方もフィボナッチ数列です。

人間の骨の間隔も黄金比らしいです。

なので人間から見て安心出来る感覚は
この黄金比だったりします。
名刺やノートもそうです。

私のソースの比率も、1.2.3だったり
ドレッシングなども、この黄金比で
作ったりすると味が整ったりしますよ。

フィボナッチ数列で作られた長方形に
その数列にそって線を書くと曲線に
なります。

その曲線が、美しいんですね。

つまり、黄金比にそって料理を
盛り付けると、とっても美しく見える
のと、安心感が出ると思っています。

あと、名刺やチラシやDMなどの
デザインも黄金比で作ると
良い印象になります。

な〜んてこと言ってますが
私が一番、美学が無いんですけどね。


| シェフのつぶやき | 01:50 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
このブログを楽しみにしています。続けてくださいね。
| utopos | 2016/06/13 7:29 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sugimoto.cc/trackback/1286962
トラックバック