CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
@TESUGIMOTO
PROFILE
French Restrant
TETSUYA SUGIMOTO

〒420-0038
静岡県静岡市
葵区梅屋町2-13-1F
TEL 054-251-3051
アクセス

entranse

<< 季節の野菜の蒸し煮。 | main | 忘れてはいけない事。 >>
静岡野菜の"ガルタジェ"




この料理は、自分が店を辞めて
縁あって、ジャンティさんで
3ヶ月料理を作らせていただいた時に
考えた料理です。


7月に、久保田さんが亡くなり
私の中で、ジャンティにいる間に
なにかもっと久保田さんを感じ、
久保田さんへの気持ちを表せる事が
出来ないのかな…
と、思っていた時に、中川さんから
久保田さんへのメニューをやりましょう
と、提案を受けました。

自分の中で、私なんかが…
との思いもあり、戸惑いましたが
中川さんの強い気持ちに、
私で、力になれるのならと、
考え、メニュー作りを致しました。


中川さんから、久保田さんの事を
いっぱい、いっぱい聞かせていただいて
久保田さんがやっていた料理の事や
作っていた料理の写真を見せていただき
調理場にその写真を貼って、
メニュー作りをしました。

自分の中で、やっている事や考えは
今も昔も、恥ずかしい事はしていないので
久保田さんに、「だめね」
と、言われないようにしなきゃ…
の思いでいっぱいでした。

そんな中で考えた料理です。


久保田さんの料理への考えや気持ちを
私の中に入れて作る料理です。


"ガルタジェ"とは、

ミッシェルブラのGargouillouガルグイユ
と、Partagerパルタジェ(分かち合う)
を合わせた、私が勝手に作った造語です

季節も夏で、野菜の蒸し煮の時期では
なく、夏の野菜達の持ち味を生かすには
と、いうものです。
ですので、それぞれの野菜にあった
調理法をします。

蒸す、焼く、煮る、揚げる、生…
その分、手間と時間がかかります。
ソースもそんな野菜達の味が
引き立つような物を、3〜4種類。

これが、私の中での、真の"ガルタジェ"
です。

なので、作る時は、最も緊張し、
野菜達と真剣勝負をする料理で、
久保田さんへのオマージュの一皿です。



| シェフのつぶやき | 01:50 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
そうだったんですね。ガルタジェ。随分調べたんですが、なんだろうと思っていたんです。
| utopos | 2016/09/19 8:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sugimoto.cc/trackback/1286977
トラックバック